長期優良住宅

コンセプトは、三世代に渡って住める家。

長期優良住宅とは、一定の認定基準を満たした優良住宅のことです。
神戸都市開発では、いつまでも長く住んでいただけるよう、
長期優良住宅の住まいをご提供しています。

耐震等級2

地震に強い、構造躯体の強い家
数百年に1度程度の、極めてまれに発生する地震の1.25倍の力に対して倒壊や崩壊を起こさないよう、構造計画がなされた家づくりを行います。

省エネ等級4

最高等級の断熱性能を確保した家
エネルギー対策等級のうち、省エネ法に規定する、省エネルギー基準に適合する住まいづくりを行います。当社では、最高等級にあたる[4]を基準に施工しています。

劣化防止等級3

建材の腐朽などを可能限り防止する家
木材やコンクリートなどの劣化がしづらい家づくりを、住宅が限界状態に至るまでの期間が3世代以上となるために必要な対策を講じています。

維持管理等級3

点検や清掃・補修が容易にできる家
給湯給排水管やガス管など、日常における維持管理のしやすさにおいて、最高等級となる[3]を基準に施工しています。