注文住宅と建売住宅の違い

ずっと住む家だからこそ、注文住宅。

ご家族のライフスタイルがそれぞれ異なるように、
住まいの形も、住む人によって変えていきたい。
だからこそ、注文住宅をおすすめします。

それぞれの大きな特徴

注文住宅

自分で施工会社を選び間取りを
設計士に設計してもらう住宅。
・工法、デザイン、間取りなどを自由に選択できる。
・自分にとっての住みやすさを追求できる。
・工事の様子を確認することができる。

建売住宅

既に建物が建っているため、
設計・仕様の変更ができない。
・既に完成している物件の場合、物件の良し悪しが判断しやすい。
・日当たりや風通し、動線を体感できる。
・組み込まれている施設の種類や使い勝手を確認できる。
・既に完成しているので、価格が決定している。
・既に完成しているので、すぐに入居できる。


神戸都市開発の注文住宅

  • 細部の仕様も含めて全て自由設計。
  • メーカーや仕様を細部まで選べるので、
    ご希望通りの設備・外装・内装のデザインが可能。
  • CG図面とショールームで実物を見ることができるので、
    仕上がりをイメージしやすい。
  • 家づくりの全工程を確認でき、工事中の現場で打ち合わせができます。家づくりの流れはこちら
  • お客様のライフスタイルに合わせて、将来を見据えた設計を提案します。
  • お客様の予算に応じて面積や仕様をご提案します。
  • 長期優良住宅などの第3者による保証
    自社によるアフターサービスも充実しています。アフターサービスについてはこちら