検査体制/住宅保証

ずっと安心して、末永く暮らしていただくために。

神戸都市開発では、第三者機関による検査体制や、
万が一のときも安心の住宅保証制度にも加入しています。

日本住宅保証検査機構(JIO)による検査体制

JIOは、各行程を厳しく検査し、なおかつ検査に合格しなければ次の工程に進めない、
安心の住まいには欠かせない、公正で中立な第3者機関による住宅保証検査機構です。

検査.01 地盤調査

まずは建設予定地で、地耐力が基準値を満たしているかどうかの地盤調査を行います。仮に基準を下回る結果が出た場合、地盤改良を施し、地耐力をしっかりと確保したのを確認し、次の基礎工事へと進めていきます。

検査.02 配筋検査

基礎に図面の通り鉄筋が通っているかを検査します。鉄筋の太さや配置などが適正に行われているかどうかの厳しい検査の後、基礎コンクリートが固められ、安全で安心の住まいができあがるのです。

検査.03 構造体検査

住まいを構成する土台や柱、関連部材などの材質・施工方法などの箇所について細かく検査。金具や柱などは図面通りに適正に配置、設置されているかどうかなど、一つ一つすべて検査されます。

検査.04 外装下地検査

外部からの水の浸入を防ぐ「防水」に関する検査を外装下地検査といい、外壁の下地に防水処理が適切に、規定以上設けられているかなどを細かく検査します。

検査.05 完了検査

いよいよ検査も大詰めです。雨水などからの外壁による防水処理がやバルコニーなどが設計図通りになっているかを検査します。これら数々の厳しい品質検査をクリアし、ようやく完了となります。

まもりすまい保険

神戸都市開発では住まいを購入されるお客さまに対し、十分なアフターサービスを提供できるよう、
住宅瑕疵担保履行法に基づく住宅瑕疵担保責任保険「財団法人住宅保証機構 <まもりすまい保険>」に加入しております。

まもりすまい保険とは
まもりすまい保険とは、財団法人住宅保証機構による、家の基本的な耐力性能や防水性能が満たせないときにおいて、補修・損害費用を保険で補償することのできる、住宅瑕疵担保履行法で定められた保険です。
瑕疵担保責任とは
「瑕疵」とは、その商品にあるべき当然の機能が備わっていないことを意味します。そして瑕疵担保責任とは、家を買った後で見えない不具合が後になって現れたとき、生活に支障が出たりした際、損害賠償請求ができるというもので、住宅品質確保促進法に基づき定められた構造耐力上主要な部分および、雨水の浸入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任の範囲が保険の対象となります。